夫への裏切りだと頭では分かっていても、身体は求めてしまいます

夫への裏切りだと頭では分かっていても、身体は求めてしまいます

私は36歳で7年前に結婚して4年前に出産した1児の母です。福井県敦賀市に住んでいます。私は母親という責任ある立場ではありますが、今は夫ではない男性と不倫関係にあります。当初は一度だけお会いするつもりで、言ってみればよく言う火遊びのような感覚でした。彼とはテレクラで知り合い、その日のうちに関係を持ちました。日々の結婚生活に疲れていたこと、出産後は自分の自由な時間が持てないことなどが理由となり、刺激を求めてテレクラを使ったのです。つまりは割り切りで会うことを希望しており、実際に彼に会ったときにもそういうつもりでした。ただ、実際に会ってみると彼が魅力的な相手だったこと、さらには久々に自由な時間を持てた解放感から、そのときの体験や感覚をその後も引きずってしまい、一度だけと決めていたにも関わらず、その後も彼と会うことを繰り返してしまいました。

また、夫とは子供が生まれてからは倦怠期のようなものになってしまい、いわゆるセックスレスの状況になってしまっていました。私としては子供が生まれてからも夫婦間のスキンシップは今まで通りに持ちたかったのですが、夫のほうが私の出産に立ち会い、その後は私を女として見れなくなってしまったようで、夫婦間の性交渉はなくなっていきました。そんな身体の面での寂しさもあり、それを彼には埋めてもらえるということで継続して会うようになってしまったのです。私は人妻ですし、今も法的に夫の妻です。ですから、これは夫を裏切る行為であり、人妻としては絶対にやってはいけないことだとわかっています。しかも、最初の1回だけでもダメだというのに、継続して会っているわけですから、とても悪いことだという自覚もあります。でも、自分でもそれが頭でわかっているものの、身体のほうはそういう理屈では納得してくれず、結局は彼を何度も求めてしまう状況にあるのです。

そして、これは今後も変わらないはずです。悪いこと、いけないことと思いながらも今後も会い続けるはずです。こうした思いがあるので夫に対して申し訳なさも抱えての不倫なのですが、その反面、この関係によって私の精神は安定しており、肉体的にも満たされていますので、今の私の日常は以前よりも大幅に充実したものになっているのも事実です。不倫や浮気を肯定しようとは思いませんし、人様にオススメするつもりもありません。でも、罪悪感を抱く行為である反面、とても楽しい行為でもあると私は考えています。特に結婚して子供も産んでしまうと、家庭の中では女ではいられなくなります。子供の前では常に母親でいなければなりませんし、夫も妻を見るというよりも、母親として私を見てくるようになります。そのため、家の中では女でいることができず、おのずと見た目にも気を使わなくなっていくのです。

そうなるとメイクも適当なものになりますし、美容室に行く頻度も以前よりも大幅に減ってしまいました。また、服装も動きやすい実用的なものばかりを選ぶようになり、綺麗に見られたい、可愛く見られたいという思いは薄くなっていきます。さらに言えば下着なんかは本当に適当に選ぶようにもなっていました。しかし、今は違います。例として挙げた今のような事柄に関してはすべて独身時代の自分と同じようにこだわるようになるのです。それは私を女としてみてくれる彼という存在がいるからにほかなりません。もしも彼がいなければ、このまま年齢を重ねていって、いつの間にか私はおばさんになっていたと思いますが、彼のおかげでそうならずに済んでいるのです。事実、夫からも最近は綺麗になったと言われることも多くなりました。

そのため、こうしたメリットがあるのは事実だと思いますし、そういう面では不倫や浮気も肯定してもいいのかと思います。もちろん、あくまでも勝手な個人の意見なのでお叱りがあるかもしれませんし、否定的な感情を抱く方もいると思いますが、こうした側面もあるということは覚えておいてほしいものです。また、女性にとってお肌はとても重要なものですが、不倫をするようになってからこの点でも変わりました。衰えていくばかりであった自分の肌が彼に頻繁に抱かれていることによって、多少ではありますが、若返っているんです。これも夫に指摘されて気づいたことではありますが、本当に若くなっているんです。そのため、こうしたメリットもあるので、もしかしたら肯定的に捉えてもいいのではないかと思っています。

福井県の出会い情報はコチラ→

地域別検索