主人との生活に疲れて、浮気相手を自分から探して誘いました

主人との生活に疲れて、浮気相手を自分から探して誘いました

私は35歳の人妻です。うちの夫は言葉が荒い人で、DVとまでは言いませんが、それに近いような言動も多い人です。そういう人なので、とりあえず夫婦関係は継続中ですが、愛情としてはほぼ皆無の状態になっています。ただ、そんな生活なのでストレスも多く、外の世界に目を向けるようになりました。私は専業主婦として家庭の中にいるだけの生活でしたが、夫に縛られる生活ではなく自由な時間を得たいという願望を抱くようになったのです。そして、その結果行きついたのが浮気をするという行為でした。刺激的な時間を過ごしてこそ自由を謳歌できると考えたのです。とはいえ、相手が誰でも良かったわけではありません。やはり、赤の他人が相手だと信頼していいのかどうかもわかりませんし、怖さもあったので知り合いにしました。じつはこの少し前に同窓会があって、そこで久々に再会を果たしたクラスメイトがいたんです。しかも、いい感じの男性になっていて、見た目が好みだったので、彼にふたりきりで会うことを提案してみました。

彼は独身なので気軽に応じてくれて、人妻とのデートはドキドキするとか冗談も言いながら私と会ってくれました。改めてふたりきりで会ってみると、やはりタイプのルックスでした。学生時代にはそんなこと思いもしませんでしたが、大人になって私の理想とする見た目になったようです。そのため、私は自分の願望を叶えるために、彼にアプローチしてみました。自分から男性を誘うなんていう行為は人生において初めての経験でしたからドキドキしましたが、ここで前に進まないと自分の人生は何も変わらないと思い、尚且つここでプレッシャーを感じて引き下がったら、このあとずっと後悔しそうな気がしたので、それを避ける意味でも頑張りました。彼のほうは最初からその気だったのかどうかわかりませんが、私の誘いにすんなりと乗ってくれました。お互いに大人だったので、アプローチしたと言っても言葉も少なめです。私が「帰りたくない」と言ったら彼が「静かな場所に行こう」と応じてくれたんです。

それだけのやり取りでしたが、お互いにもうホテルへ行くという共通の認識で店を出て、そのままホテルに入りました。そのあとはまるで以前から恋人だったかのように、甘い時間を過ごしました。彼は私が既婚で、日々疲れているということをわかってくれていたようで、とにかく優しく接してくれました。そして、その虜になって今も関係が継続中です。以前の私とは違い、下着などにもこだわりを持って生活するようになりました。今までは夫にしか見られないものだったので、そこにこだわろうなどという意識は完全になくなっていましたが、今はそこに再び意識を向けるようにもなりました。また、彼に少しずつ性癖の面で開発されています。これまではノーマルしか経験がありませんでしたが、彼によってあらゆるプレイに挑戦させられるようになっています。彼にとってみれば不倫というだけでも興奮できるみたいですが、何度かセックスする中で私がエムの女であることを見抜いたようです。

そのため、今はその点でも開発されています。自分が今まで知らなかった世界を経験させてもらえるということで、これには相当な刺激を受けています。私がそれをやるかどうかは私自身に判断を委ねてくれるので無理強いはしてきません。その点での安心感もあるのでアブノーマルな行為も楽しめています。これまでのところ、軽い露出プレイとSMは経験しました。どちらも彼から言い出されたことですが、露出のときには私は少しだけ悩んでから受け入れました。悩んだのは、このプレイがどういうことをするのか知らなかったからです。彼から言われたときにすぐさまその場で調べて、興味が持てたので軽めならという条件付きで受け入れたのです。彼もそこまで本格的なものに興味があったようではなかったようで、軽い感じで楽しみました。もうひとつのSMに関しても軽く縛ったりとか、そういうレベルです。そのため、そこまでアブノーマルというわけでもないんですが、これまでの私からすれば結構過激な行為だと思いますので、かなり成長させられています。彼にしてみると、同級生にこんな行為ができて、尚且つ既婚者ということで相当楽しいみたいです。私は長崎の大村市に住んでいて彼は市外なので会うのはちょっと大変ですが、それでもこれからも会い続けていきたいと思っています。

長崎県の出会い情報はコチラ→

地域別検索